« 2010年07月 | メイン | 2010年12月 »

2010年08月 アーカイブ

2010年08月01日

ファイルを暗号化された経路で転送

クライアント
 IPアドレス 192.168.0.2
 Vine Linux 5.1 (Cheval Blanc)
 OpenSSH_5.2p1, OpenSSL 0.9.8k 25 Mar 2009
から、

カレントディレクトリのファイル address.txt を

サーバー
 IPアドレス 192.168.0.1
 Vine Linux 4.1 (Cos d'Estournel)
 OpenSSH_4.5p1, OpenSSL 0.9.7l 28 Sep 2006
のuserアカウントホームディレクトリへ暗号化された経路で転送。

scp address.txt taro@192.168.0.1:.

逆なら
scp taro@192.168.0.1:address.txt .

2010年08月05日

ファイルを暗号化された経路で転送 バッチ準備編

参考→sshでパスワードなしに
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/447nonpassh.html
●サーバ作業
[taro@server ~]$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/taro/.ssh/id_rsa):
Created directory '/home/taro/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):英語の合言葉
Enter same passphrase again:英語の合言葉
Your identification has been saved in /home/taro/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/taro/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
c5:d2:7a:31:7a:58:d3:cf:a5:7f:8f:48:16:0a:f9:3e taro@server
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|                 |
|         o .     |
|        . O .   .|
|         O + o o |
|        S o . +  |
|         = . . . |
|          o o   o|
|         .Eo . .o|
|          ... . .|
+-----------------+
[taro@server ~]$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
[taro@server ~]$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys
サーバー作業は以上、

続きを読む "ファイルを暗号化された経路で転送 バッチ準備編" »

2010年08月10日

8人から2チーム対抗ゴルフゲームの組み合わせ

小学生?の算数問題。
「n個からm個選び出す組み合わせの数」は重複を持たない組合せ
n×(n-1)×・・・×(n-m+1)÷m×(m-1)×・・・×1
より「8人から4人選び出す組み合わせの数」は
(8×7×6×5)÷(4×3×2×1)=70通り

さらに組み合わせのパターンを列記するために下記を参考

SQLで数学パズルを解く(組み合わせ論編)
SELECT E1.e AS e1, E2.e AS e2, E3.e AS e3, E4.e AS e4
  FROM Elements E1, Elements E2, Elements E3, Elements E4
 WHERE E1.e < E2.e
   AND E2.e < E3.e
   AND E3.e < E4.e;
MsAccess形式
http://www.geocities.jp/mickindex/database/db_puzzle_math_q_cmb.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%84%E5%90%88%E3%81%9B

2010年08月11日

ファイルを暗号化された経路で転送 バッチ編

サーバー
 IPアドレス 192.168.0.1
[taro@localhost toshi]$ cat /etc/vine-release
Vine Linux 4.2 (Lynch Bages)
[taro@localhost toshi]$ ssh -V
OpenSSH_4.5p1, OpenSSL 0.9.7l 28 Sep 2006
のtaroアカウントホームディレクトリのファイル address.txt を

クライアント
 IPアドレス 192.168.0.2
[taro@deskpro ~]$ cat /etc/vine-release
Vine Linux 5.1 (Cheval Blanc)
[taro@deskpro ~]$ ssh -V
OpenSSH_5.2p1, OpenSSL 0.9.8k 25 Mar 2009
のカレントディレクトリへ暗号化された経路で転送。

scp user@192.168.0.1:address.txt .
バッチ準備編よりも簡単な手法。

クライアント作業
[taro@localhost ~]$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/taro/.ssh/id_rsa):空でエンター
Created directory '/home/taro/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):空でエンター
Enter same passphrase again:空でエンター
Your identification has been saved in /home/taro/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/taro/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
c5:d2:7a:31:7a:58:d3:cf:a5:7f:8f:48:16:0a:f9:3e taro@client
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
| |
| o . |
| . O . .|
| O + o o |
| S o . + |
| = . . . |
| o o o|
| .Eo . .o|
| ... . .|
+-----------------+
[taro@localhost taro]$ scp ~/.ssh/id_rsa.pub taro@192.168.0.1:~/.ssh/authorized_keys
taro@192.168.0.1's password:
id_rsa.pub 100%  395  0.4KB/s 00:00
 パスワード省略したい接続元が複数ある場合は、サーバーの ~/.ssh/authorized_keys へ追記する これだけで終わり。以降、サーバー側の~/.ssh/authorized_keys にクライアントの公開鍵 ~/.ssh/id_rsa.pub が含まれている限りバッチなどでパスワードを省略可能。
[taro@localhost taro]$ scp taro@192.168.0.1:address.txt .
address.txt 100% 1743 1.7KB/s 00:00
下記は、技術的なメモ。

続きを読む "ファイルを暗号化された経路で転送 バッチ編" »

2010年08月12日

Ethna のアプリケーションマネージャ

Ethna 2.1.* まではコントローラへマネージャーを登録し
 'マネージャ名' => '表名',
なら、ActionClass や ViewClassの中では次のように使用。
 $this->マネージャー名->メソッド();
Ethna 2.5.0 では下記URL記載の理由
http://ethna.jp/ethna-document-dev_guide-appobj-manager.html#y9120283
で廃止され、ActionClass や ViewClassの中で必要になった時点で次のように使用。
 $m = $this->backend->getManager('表名');
 $m->メソッド();
あちこちに、この'表名'が散在し始めるので次のような試み。
データベースの items表 users表を、マネージャー mgrItems と mgrUsers で処理するシチュエーション。

続きを読む "Ethna のアプリケーションマネージャ" »

2010年08月13日

仮想Windowsデスクトップ環境レンタル

期間限定無料トライアル実施中!
 管理者権限なのでリモートからOSの起動・シャットダウン・再起動はもちろん、数分でOSを再インストールした状態に。
 アプリケーションのテストだけのためにハードウェアを用意したりOSをインストールする為の時間とコストを大幅カット。

 1契約で複数ユーザーアカウントの同時接続もOKなので、組織や家族のデスクトップパソコンとしても利用可能。

 ウィルスチェックも標準。

プロセッサ:Intel(R) Xeon(R) CPU E5620 @ 2.40GHz
実装メモリ:1.00GB
システムの種類: 64 ビット Windows 2008 Server R2

About 2010年08月

2010年08月にブログ「remix」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年07月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。