« スペースインベーダーX | メイン | ウイルスセキュリティ2006 W-Guard »

パーティション管理

Acronis Disk Director Personal

データを保持したままパーティション作成
 最初からハードディスクがCドライブとDドライブに分かれている販売されているパソコンが多いですが、自分で購入したアプリケーションをデフォルトのままインストールしている方がほとんどなので、アプリもデータもCドライブへ保存されあっというまにいっぱい。それでいてDドライブは空っぽ。データはDドライブへと言ってもなかなかできない。
 それなら、Cドライブ1つにしてしまえばいい。
 いずれハードディスクの容量不足か寿命がきて、新しく高速大容量ハードディスクに交換する運命。
 Cドライブ1つなら移行も容易。Acronis True Imageを使えばOSはもとよりアプリの再インストールやら散らばった個別のデータを探すことも無く移行できます。
 シリアルキー、ライセンス認証・・・、再インストール作業は馬鹿にできません。

 もちろん、データ領域を分離するために例えば、Cドライブ80GBをCドライブ40GBとDドライブ40GB に分割することも可能。

フルパッケージ版

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.remix.asia/cgi/mt/mt-tb.cgi/5295

この一覧は、次のエントリーを参照しています: Acronis Disk Director Personal:

» 壊れやすいマック ご用達! 送信元 remix.gr.jp
データレスキュー B002VMX8YK 業務用でもおかまいなく遊び心のままに導入... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.34